赤ちゃんのために活用したい葉酸サプリ

「葉酸」という栄養素の名前は聞いたことがあっても、具体的にはどのような働きをするかよく分かっていないという人は少なくないでしょう。妊活中や妊婦の女性に重要といわれていますが、何故でしょうか。
葉酸の主な働きは、造血、細胞の再生、動脈硬化の予防などです。血や細胞といった、体作りには欠かせない栄養素の一つといえます。
妊活中や妊婦の女性にこの栄養素が重要なのは、赤ちゃんの成長に必要となるからです。胎児が成長するのに必要な細胞分裂を助けます。また、妊娠初期は、脳や脊髄、心臓などの元となる神経管が形成される時期です。この時に葉酸が不足していると、神経管閉鎖障害の発症リスクが高まるといわれています。そのため、妊娠の可能性がある妊活中と、妊娠時には摂取したい栄養素なのです。
葉酸は、モロヘイヤやブロッコリー、ほうれん草などの食べ物から摂取することが出来ます。しかし、葉酸には水や熱に弱いという性質があるため、調理の家庭で栄養分が減少してしまうことが多くあります。特に妊娠時には、赤ちゃんの成長のために、通常の倍の量を摂取するのが望ましいとされています。そのため、不足しがちになっているのです。
このような場合に活用したいのが、葉酸サプリです。サプリは、食べ物よりも葉酸を吸収しやすくなっているため、足りない分を補いやすくなっています。一日当たりの上限があるので、規定の量を超えないように摂取するようにしましょう。
葉酸サプリ徹底比較ガイド|今1番おすすめは?ランキング調査!はこちら