総量規制なしのキャッシング

現在キャッシングをしようと思う時に無視できない存在となっているのが総量規制です。
これは貸金業法によって定められる融資額の上限のことであり、この既成かでは個人の年収の1/3までしかお金を借りることはできないとされています。
従って高額融資を受けるにはそれなりに高い収入が必要になってくるわけなのですが、しかしどのようなキャッシングでも総量規制の対象になるわけではありません。
では総量規制なしのキャッシングとしてはどういったものがあるのかというと、これは簡単に言ってしまえば銀行が運営しているものであれば対象外だということになります。
というのもこの規制は貸金業法、つまり貸金業者の運営を制限する法律によって規定されているのです。
しかし銀行は銀行であり貸金業者では無いわけですから、そうした貸金業法による規制は無視して自由に融資ができるわけです。
そのため総量規制が問題になっていて借り入れが難しいということであれば、銀行が運営しているサービスを利用すれば借り入れができるということになります。
ただもちろん銀行だから無制限に借りられるということは無く、融資を受ける前には必ず審査を受けなくてはなりません。
その審査は規制がない分、貸金業者よりも厳しい目で行われることが一般的ですから、申込みをする場合には通常よりもしっかりと信用について確認をしておかなくてはなりません。
他社からの借入額が大きい、借入件数が多いといったことでも銀行の審査は通過できないことがありますから、こうした点には注意しておきましょう。
総量規制対象外のカードローンはイイもの?はこちら